THE MOST DANGEROUS YEAR エデュケーショナル・ガイドブック日本語版RC2をリリースします

男女共同参画推進せんだいフォーラム2019の最終日に開催する「最も過酷な年」(原題: THE MOST DANGEROUS YEAR)の教育用ガイドブックの日本語訳ができましたのでアップロードします。
上映会&トークセッション11/24(日曜日)です。
日本初上映のドキュメンタリー映画です。
ぜひ、ご参加ください。

THE_MOST_DANGEROUS_YEAR_EDDiscussionGuide(JAPANESE_EDITION-Release-Candidate_2_WEB)

日本語版ダウンロード

Click here to download the Educational Discussion Guide(Original)

THE MOST DANGEROUS YEAR 上映会&トークセッションを開催します

にじいろ協働事業では、男女共同参画推進せんだいフォーラムに参加しています。

今年、2019年度は、フォーラムの最終日の11/24(日曜日)、ドキュメンタリー映画「最も過酷な年」を上映、トークセッションを開催します。この映画は日本では初めての上映になります。
映画をご覧頂き、トランスジェンダーや性的マイノリティの健康、差別と人権、公民権、市民権について、また、市民活動について、また、フォーラム全体のテーマであるSDGsとジェンダー平等、教育について語り合いたいと思います。
ぜひ、皆様、お誘い合わせの上ご参加ください。
時間の無い方は、上映会の視聴のみ、トークセッションのみの参加もOKです。
上映会はトークセッションの前後に開催しますので、ご自分のご都合に合わせてご視聴ください。

【映画の概要紹介】
2016年、反トランスジェンダー法案の暗い波がアメリカ全土に広がり始めていた。
トランスジェンダーの子どもを持つ小さな家族グループは、ホームタウンに押し寄せる差別法案の暗い波と闘うため、ワシントン州議会の議員と市民活動家に支えられ、子どもたちの命と未来を守るための公民権をめぐる闘いの前代未聞の旅に乗り出した。

「最も過酷な年」(原題:THE MOST DANGEROUS YEAR/2017年制作/ヴラダ・ノゥルトン監督)

THE MOST DANGEROUS YEAR (日本語字幕付き予告)

THE MOST DANGEROUS YEAR ポスター

【日 時】2019 年11 月24 日(日曜日)

  • 13:00 〜14:30 上映(1回目)
  • 14:45 〜15:45 トークセッション 
  • 16:00 〜17:30 上映(2回目)
     司会:小浜耕治 パネリスト:東北学院大学准教授 小宮友根ほか

【会 場】エルパーク・仙台 スタジオホール
【入場料】無料(予約不要)
 ※会場の定員を超えた場合は入場をご遠慮いただく場合がございます。
【企画・運営】にじいろキャンバスSENDAI(東北HIV コミュニケーションズ、レインボー・アドボケイツ東北、市民有志、仙台市により構成)
 平成31 年度(令和元年度)仙台市市民協働事業提案制度 継続事業
【連絡先】tmdy[a]sendai-nijiiro.org

補足)映画の鑑賞にあたり年齢制限はありません。どなたでもご覧になれます。
音声は英語ですが日本語の字幕が付きます。
ただし、日本語の音声はございません。
後日、にじいろ協働事業のホームページにガイドブックを公開する予定です。
テキストデータ版も準備しているところです。
よろしくお願いします。

「にじいろキャンバスSENDAIは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています」

にじのひろば(第6回)を開催します

10/27(日) 13:30~ 17:30多様な性のあり方の情報に触れ、参加者どうしで話し合えるコミュニティスペース「にじのひろば」を開催します。

内容はまだ未定ですが、「多様な性のミニ講座」と「にじいろライフヒストリー」を予定しています。
1回目 14:30〜
2回目 16:00〜
参加者の皆さんそれぞれのライフヒストリーを30分ほど聞く時間を設けます。
もちろん他の人のお話を聞くだけでもOK!
「プライバシーを守ること」「参加者どうし尊重しあうこと」など、場のルールを設けています。安心してご参加ください。

書籍やパンフレットなどの情報に触れたり、
一緒にワイワイ話したり、
多様な性のあり方ってどういうこと?と勉強してみたり、
たまにはゲームとか楽しんでみたり、
多様な性に触れながら、思い思いの時間を過ごしてみてください。

性的マイノリティの人も そうじゃない人も
決めたくない人も
まだよくわからない人も
様々な方の参加をお待ちしています。

会場: エル・パーク仙台 創作アトリエ
参加費:無料
出入り自由ですのでお気軽にお越し下さい。

open space

にじのひろば(第5回)を開催します

9/22(日) 13:30~ 17:30多様な性のあり方の情報に触れ、参加者どうしで話し合えるコミュニティスペース「にじのひろば」を開催します。

内容はまだ未定ですが、「多様な性のミニ講座」と「にじいろライフヒストリー」を予定しています。
1回目 14:30〜
2回目 16:00〜
参加者の皆さんそれぞれのライフヒストリーを30分ほど聞く時間を設けます。
もちろん他の人のお話を聞くだけでもOK!
「プライバシーを守ること」「参加者どうし尊重しあうこと」など、場のルールを設けています。安心してご参加ください。

書籍やパンフレットなどの情報に触れたり、
一緒にワイワイ話したり、
多様な性のあり方ってどういうこと?と勉強してみたり、
たまにはゲームとか楽しんでみたり、
多様な性に触れながら、思い思いの時間を過ごしてみてください。

性的マイノリティの人も そうじゃない人も
決めたくない人も
まだよくわからない人も
様々な方の参加をお待ちしています。

会場: エル・パーク仙台 創作アトリエ
参加費:無料
出入り自由ですのでお気軽にお越し下さい。

open space

にじのひろば(第4回)を開催します

8/25(日) 13:30~ 17:30多様な性のあり方の情報に触れ、参加者どうしで話し合えるコミュニティスペース「にじのひろば」を開催します。

内容はまだ未定ですが、「多様な性のミニ講座」と「にじいろライフヒストリー」を予定しています。
1回目 14:30〜
2回目 16:00〜
参加者の皆さんそれぞれのライフヒストリーを30分ほど聞く時間を設けます。
もちろん他の人のお話を聞くだけでもOK!
「プライバシーを守ること」「参加者どうし尊重しあうこと」など、場のルールを設けています。安心してご参加ください。

書籍やパンフレットなどの情報に触れたり、
一緒にワイワイ話したり、
多様な性のあり方ってどういうこと?と勉強してみたり、
たまにはゲームとか楽しんでみたり、
多様な性に触れながら、思い思いの時間を過ごしてみてください。

性的マイノリティの人も そうじゃない人も
決めたくない人も
まだよくわからない人も
様々な方の参加をお待ちしています。

会場: エル・パーク仙台 創作アトリエ
参加費:無料
出入り自由ですのでお気軽にお越し下さい。

open space

にじのひろば(第3回)を開催します

7/28(日) 13:30~ 17:30多様な性のあり方の情報に触れ、参加者どうしで話し合えるコミュニティスペース「にじのひろば」を開催します。

内容はまだ未定ですが、「多様な性のミニ講座」と「にじいろライフヒストリー」を予定しています。
1回目 14:30〜
2回目 16:00〜
参加者の皆さんそれぞれのライフヒストリーを30分ほど聞く時間を設けます。
もちろん他の人のお話を聞くだけでもOK!
「プライバシーを守ること」「参加者どうし尊重しあうこと」など、場のルールを設けています。安心してご参加ください。

書籍やパンフレットなどの情報に触れたり、
一緒にワイワイ話したり、
多様な性のあり方ってどういうこと?と勉強してみたり、
たまにはゲームとか楽しんでみたり、
多様な性に触れながら、思い思いの時間を過ごしてみてください。

性的マイノリティの人も そうじゃない人も
決めたくない人も
まだよくわからない人も
様々な方の参加をお待ちしています。

会場: エル・パーク仙台 創作アトリエ
参加費:無料
出入り自由ですのでお気軽にお越し下さい。

open space

【更新しました】にじいろマルシェ 展示ブースを紹介します

※ブース名をクリックすると、それぞれの団体HPにジャンプします(HPのある団体のみ)

  • 【就労継続支援B型事業所 はぴかむ(はぴCafé)】
    就労継続支援B型事業所とは障害をもった当事者の方が働く場としてご利用いただく支援事業所です。
    はぴかむで行う事業は主に厨房での焼き菓子などの菓子製造、販売会での販売や外注を受けての受注販売、店舗の”はぴCafé”でのコーヒー等の販売などを行っています。
    珈琲は地元仙台の焙煎工房で焙煎された新鮮な珈琲豆から、一杯づつ淹れたものを販売しています。製菓製造ではクッキーやパウンドケーキ、シフォンケーキなどの美味しい焼き菓子を一つ一つ手作りで製造し、カフェの店舗で販売したり外販も積極的に行います。


  • ぱれった・けやき宮城野
    精神障害の方が多く通所している施設です。病気や不安を抱えながらも通所することで、生活リズムを整えることが出来たり、悩みを話せる同士や職員がいることで、安心できる場所となっています。また、手芸や菓子製造、乾燥野菜製造の仕事を通して、やりがいや社会への繋がりを見つけて行きます。
    クッキーは見た目も楽しんで頂けるように、アイシング(卵白と砂糖に色付けしたもの)で変化を付けています。材料も国産小麦、国産バターを使用していますので、安心して召し上がれる商品です。
    お問い合わせ:022-257-5092
 
  • ろうLGBT東北
    東北地方に住む聴覚障害(ろう者・難聴者・中途失聴者)を持つLGBT当事者、手話通訳活動に携わっているLGBT当事者、そしてアライ(支援者:当事者ではないが理解を示しサポートする方)たちが中心となって活動している団体です。
    不定期で飲み会やLGBTイベントを開催しています。
    当日にじいろマルシェでは新デザインのバッジを100円で販売しています。お気軽にお越し下さいませ~!
 
  • 工房すぴか
    工房すぴかでは、想像力から生まれたアート性のある手織りから始まり、その織布を活かしながら工房メンバー(障害のある方々)が協働して、ファッション性のある作品を製作しています。特に、独自で確立したブランド「GEZELLIG(へゼリヒ)」は、アート的センスが認められ、各地の美術館イベントにも展示販売されております。今回は、そのアート的な作品紹介と同時に、お好きなカラーを選べる虹色ワークショップも体験できるチャンスです。機織りをして、世界で1つだけのオリジナル作品作りを楽しんで頂ければと思います。


  • アトリエNome
    「空と、木の実と。」に出演している、こばやしこのみさんのブースです。映画でも紹介している、アクセサリーを販売します。
    天然石やレジン、金属などを使用したアクセサリーや雑貨を製作しています。一つ一つ丁寧に作るハンドメイドの風合いをお楽しみ下さい。
 
  • そらにじひめじ
    そらにじひめじは、LGBTのほか、生活に困っていたり心の病を抱えたりしている人、「ひきこもり」に悩んでいる人などが、自由に集まり交流できる兵庫県姫路市のコミュニティ・スペースです。
    そらにじひめじが目指すのは、それぞれが持つ背景や違いをお互いに尊重しながら安心して過ごせるスペースの提供。
    当日は、各地のパレードでも大人気のぬいぐるみ「レインボーベア」を販売します。お楽しみに!


  • ブックフェア
    せんだいレインボーDay2019に先駆け、東北学院大学・東北大学の2校でLGBT+に関する本を紹介するブックフェアを開催しています(前者は~19日迄、後者は~14日迄開催中)。
    現役の学生・教職員はもちろん、これから大学に通う可能性のあるみなさんにとって、より居心地よくなるようにという思いで企画しました。本企画で多くの方がLGBT+を知るきっかけになれば、と願っています。

「せんだいレインボーDay2019」ボランティアにご参加くださる皆様へ

メーリングリストに登録している方にはメールでもお知らせしましたが、前日・当日のボランティアについて、こちらでもご案内します(●・ω・)ノ

ボランティアは、1日だけでも参加可能ですし、どの日も途中参加・途中退出OKです。
ぜひお気軽にご参加ください。

高校生以下の方は7/137/14のみ参加できます。
途中参加の方は、会場に到着したら「ボランティア」の腕章のスタッフに声をかけてください。作業内容をお伝えします!

 

  • 712()18:00
    【集合場所】
    エル・パーク仙台 ギャラリーホール(三越定禅寺通り館6階)
    【内容】
    椅子やテーブル、展示、受付などの設営

 

  • 713()9:0019:30 / 714()9:0019:00
    【集合場所】
    三越は10時開館ですが、エル・パーク仙台に来る方は、9時以降入館可能です。
    9:00に定禅寺通り館アーケード側入り口に集合でお願いします。
    9:0010:00の間に来る方は、定禅寺通り館アーケード側入り口から入り、警備員の方に「エル・パーク仙台に行きます」と伝えてください。
    10:00以降に来る方は、直接ギャラリーホールへお越しください。
    【内容】
    受付、誘導、イベント運営補助(ライブ、映画上映会、トークセッション等)、ブース展示・グッズ販売補助、来場者との交流、撤収作業等

 

実行委員会一同、みなさまのご参加を心よりお待ちしております!
ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃