【更新しました】にじいろマルシェ 展示ブースを紹介します

※ブース名をクリックすると、それぞれの団体HPにジャンプします(HPのある団体のみ)

  • 【就労継続支援B型事業所 はぴかむ(はぴCafé)】
    就労継続支援B型事業所とは障害をもった当事者の方が働く場としてご利用いただく支援事業所です。
    はぴかむで行う事業は主に厨房での焼き菓子などの菓子製造、販売会での販売や外注を受けての受注販売、店舗の”はぴCafé”でのコーヒー等の販売などを行っています。
    珈琲は地元仙台の焙煎工房で焙煎された新鮮な珈琲豆から、一杯づつ淹れたものを販売しています。製菓製造ではクッキーやパウンドケーキ、シフォンケーキなどの美味しい焼き菓子を一つ一つ手作りで製造し、カフェの店舗で販売したり外販も積極的に行います。


  • ぱれった・けやき宮城野
    精神障害の方が多く通所している施設です。病気や不安を抱えながらも通所することで、生活リズムを整えることが出来たり、悩みを話せる同士や職員がいることで、安心できる場所となっています。また、手芸や菓子製造、乾燥野菜製造の仕事を通して、やりがいや社会への繋がりを見つけて行きます。
    クッキーは見た目も楽しんで頂けるように、アイシング(卵白と砂糖に色付けしたもの)で変化を付けています。材料も国産小麦、国産バターを使用していますので、安心して召し上がれる商品です。
    お問い合わせ:022-257-5092
 
  • ろうLGBT東北
    東北地方に住む聴覚障害(ろう者・難聴者・中途失聴者)を持つLGBT当事者、手話通訳活動に携わっているLGBT当事者、そしてアライ(支援者:当事者ではないが理解を示しサポートする方)たちが中心となって活動している団体です。
    不定期で飲み会やLGBTイベントを開催しています。
    当日にじいろマルシェでは新デザインのバッジを100円で販売しています。お気軽にお越し下さいませ~!
 
  • 工房すぴか
    工房すぴかでは、想像力から生まれたアート性のある手織りから始まり、その織布を活かしながら工房メンバー(障害のある方々)が協働して、ファッション性のある作品を製作しています。特に、独自で確立したブランド「GEZELLIG(へゼリヒ)」は、アート的センスが認められ、各地の美術館イベントにも展示販売されております。今回は、そのアート的な作品紹介と同時に、お好きなカラーを選べる虹色ワークショップも体験できるチャンスです。機織りをして、世界で1つだけのオリジナル作品作りを楽しんで頂ければと思います。


  • アトリエNome
    「空と、木の実と。」に出演している、こばやしこのみさんのブースです。映画でも紹介している、アクセサリーを販売します。
    天然石やレジン、金属などを使用したアクセサリーや雑貨を製作しています。一つ一つ丁寧に作るハンドメイドの風合いをお楽しみ下さい。
 
  • そらにじひめじ
    そらにじひめじは、LGBTのほか、生活に困っていたり心の病を抱えたりしている人、「ひきこもり」に悩んでいる人などが、自由に集まり交流できる兵庫県姫路市のコミュニティ・スペースです。
    そらにじひめじが目指すのは、それぞれが持つ背景や違いをお互いに尊重しながら安心して過ごせるスペースの提供。
    当日は、各地のパレードでも大人気のぬいぐるみ「レインボーベア」を販売します。お楽しみに!


  • ブックフェア
    せんだいレインボーDay2019に先駆け、東北学院大学・東北大学の2校でLGBT+に関する本を紹介するブックフェアを開催しています(前者は~19日迄、後者は~14日迄開催中)。
    現役の学生・教職員はもちろん、これから大学に通う可能性のあるみなさんにとって、より居心地よくなるようにという思いで企画しました。本企画で多くの方がLGBT+を知るきっかけになれば、と願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください