THE MOST DANGEROUS YEAR 上映会&トークセッションを開催します

にじいろ協働事業では、男女共同参画推進せんだいフォーラムに参加しています。

今年、2019年度は、フォーラムの最終日の11/24(日曜日)、ドキュメンタリー映画「最も過酷な年」を上映、トークセッションを開催します。この映画は日本では初めての上映になります。
映画をご覧頂き、トランスジェンダーや性的マイノリティの健康、差別と人権、公民権、市民権について、また、市民活動について、また、フォーラム全体のテーマであるSDGsとジェンダー平等、教育について語り合いたいと思います。
ぜひ、皆様、お誘い合わせの上ご参加ください。
時間の無い方は、上映会の視聴のみ、トークセッションのみの参加もOKです。
上映会はトークセッションの前後に開催しますので、ご自分のご都合に合わせてご視聴ください。

【映画の概要紹介】
2016年、反トランスジェンダー法案の暗い波がアメリカ全土に広がり始めていた。
トランスジェンダーの子どもを持つ小さな家族グループは、ホームタウンに押し寄せる差別法案の暗い波と闘うため、ワシントン州議会の議員と市民活動家に支えられ、子どもたちの命と未来を守るための公民権をめぐる闘いの前代未聞の旅に乗り出した。

「最も過酷な年」(原題:THE MOST DANGEROUS YEAR/2017年制作/ヴラダ・ノゥルトン監督)

THE MOST DANGEROUS YEAR (日本語字幕付き予告)

THE MOST DANGEROUS YEAR ポスター

【日 時】2019 年11 月24 日(日曜日)

  • 13:00 〜14:30 上映(1回目)
  • 14:45 〜15:45 トークセッション 
  • 16:00 〜17:30 上映(2回目)
     司会:小浜耕治 パネリスト:東北学院大学准教授 小宮友根ほか

【会 場】エルパーク・仙台 スタジオホール
【入場料】無料(予約不要)
 ※会場の定員を超えた場合は入場をご遠慮いただく場合がございます。
【企画・運営】にじいろキャンバスSENDAI(東北HIV コミュニケーションズ、レインボー・アドボケイツ東北、市民有志、仙台市により構成)
 平成31 年度(令和元年度)仙台市市民協働事業提案制度 継続事業
【連絡先】tmdy[a]sendai-nijiiro.org

補足)映画の鑑賞にあたり年齢制限はありません。どなたでもご覧になれます。
音声は英語ですが日本語の字幕が付きます。
ただし、日本語の音声はございません。
後日、にじいろ協働事業のホームページにガイドブックを公開する予定です。
テキストデータ版も準備しているところです。
よろしくお願いします。

「にじいろキャンバスSENDAIは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください