未分類

バグがどこに隠れているのかを探すときは切り分けが大切

プログラミングをしていると、
どうしても出てくるのがバグです。

バグは簡単に言うとプログラムの間違った部分のことです。

バグはもともとは、
虫がコンピューターの中に入ってうまく動作しなくなったのが、
語源といわれています。

昔のコンピューターは今の何倍も大きいものだったので、
その中に虫が入ることがありました。

仙台市内にもいっぱい虫がいますよね。

コンピューターが出てくる以前も、
機械の故障の原因として虫が入っていたことがあり、
古くからバグという言葉は故障や不具合
といった意味で使われてきました。

プログラミングでは、
正常に動かない原因となっているバグを取り除いて、
正常に動作させる修正の作業をデバッグと呼びます。

このデバッグで大切なのは、
いったいどの部分のプログラムに
バグ(間違い)が潜んでいるかという切り分けです。

最初は大きな範囲で切り分けをして、
だんだんとバグが隠れている範囲を絞り込んでいき、
バグを見つけて、間違いを直します。

このように切り分けてバグの隠れている範囲を
少しずつ絞りこんでいくと、
やみくもに直感で探すよりもバグを探しやすいですよ。

小学生がプログラミングで使うのは
主にビジュアルプログラミング言語なので
バグを気にすることなく楽しめます。